割と本気で急ぐべきかも?なサリー救出大作戦!★8キャラに頼り切りのストーリー攻略その7(死の渓谷~荒れ果てた大地)

LINE レンジャープレイ日記

割と本気で急ぐべきかも?なサリー救出大作戦!★8キャラに頼り切りのストーリー攻略その7(死の渓谷~荒れ果てた大地)

LINE レンジャー』のメインステージの主目的であるサリー救出を目標にしたプレイ日記第7回目。

今回はステージ133「死の渓谷」ステージ145「荒れ果てた大地」を攻略していこう!

…と、意気込んだはいいものの、メインステージを進めるのに必要な黄金の羽根が足りなくなってきた。

ログインボーナスレベルUP報酬なんかで一時期は180枚以上もあったんだけど、ステージが進むたびにコストがだいぶ増えていき、今や時間経過回復を待つほどになってしまった。…平常運転になったといえなくもない。

今までのようにガンガンストーリーを進めることは出来なくなったけどその分他のことに目を向けてみようか。

 

LINE レンジャーの無料ダウンロードはこちらから

 

いまさら気づいた三竦みの関係

てなわけでゲーム内をいろいろ見て回ったわけなんだけど…

へぇ~…このゲームって力タイプ・敏捷タイプ・魔法タイプの3種類が存在してるのかぁ…。

今更!? …って思うかもしれないけど今まで強キャラの力押しで何とかなってきたから表示が見えていても把握しようとは思わなかったのよ…。つまりブラウンが悪い。

まあそれはともかく、

魔法防御力で魔法タイプの攻撃を耐え抜く力タイプレンジャー

決定打(クリティカル)で力タイプの防御をぶち抜く敏捷タイプレンジャー

魔法攻撃で敏捷タイプをまとめて薙ぎ払う魔法タイプレンジャー

それぞれ力<敏捷<魔法<力といった風な三竦みの関係になっているわけですな。

とはいえそこまで極端に相性を気にする必要はないかも。

別に敏捷タイプの攻撃が魔法タイプに効かないってわけじゃないし、

そもそも何が何だかわからないような大乱戦中じゃ相性もへったくれもないような気もするし。

…まあ敵の多くが固そう(力タイプ)っぽく見えたら敏捷タイプを多めに出すとか、素早かったら(敏捷タイプ)魔法タイプを多めに出すとか、ちょっとした参考にするだけならいいと思うよ。

 

ステージ133~死の渓谷

 

とりあえずメインストーリーの死の渓谷を攻略。

ジェームズよりも食べ物の事で頭がいっぱいなサリー

 

サリー殿は囚われのお姫様ポジであるにもかかわらず、ずいぶんぞんざいに扱われているようでございます。

…ちなみに最近のドッグフードは人が食べても問題ない材料で作られているものが多いらしいぞ。

とはいえ犬のために作られた食品が栄養的に人に適しているわけではなく、何より味が薄いので長期間食べていると身体的にも精神的にもマズイことになるそうな…。

何気にサリーがピンチなのかもしれんが本編には関係ないので普通に進めます。羽根もないし。

 

ステージ序盤に出てくるレモンの雑兵とカラス頭。数が多いが特に特徴はない。

 

序盤から中盤にかけて出てくる、カツラを投げるロッカー女、鍵穴から鍵を飛ばすマッチョ&少女、砲弾を飛ばすと3種の遠距離攻撃をしてくる敵が同時に登場。

しかも射程距離がヅラ<鍵<砲弾とばらけているのでまとめて倒しにくい配置になりやすい

 

終盤に登場する、花を育ててその花に攻撃させる緑男。回りくどい攻撃方法だ。

 

ボスはボウリングのピンから砲弾を出すウサギマスク・バニー。攻撃頻度は遅いが範囲が広い。力押しで何とかいけました。

死の渓谷の登場敵。ステージ全体を通して万遍なく敵が出てくる感じ。

宝物はレンジャー生産時間減少羽根つきのローラーブレード

 

 

ステージ145~荒れ果てた大地 

続いてステージ145の荒れ果てた大地を攻略。

コースにあるメフィストのホログラムが趣味悪い。何の意味あるんだコレ?

 

飛翔してボンビーをバズーカ発射する青唇に、攻撃の遅いマッチョなとうがらし男、青い鳥を投げる黄色い鳥なんかが序盤に出てくる。

 

タコ焼き尺取虫に、やたら固い鳩胸男。ここでも中盤以降に全種出揃い、全員万遍なく出てくる形式になっている。

 

ボスはお面をかぶって遠距離から看板を蹴っ飛ばしてくるセイプチ。やたら固い鳩胸の後ろから攻撃してくるので倒すのに時間がかなりかかる。

面倒ならトルネードアイスのアイテム連続使用で敵を一か所にまとめてやれば遠距離も近距離もなくなるので楽になる。

ついでにミサイルのタイミングとも合わせてやれば一網打尽にもできるのでおすすめだ。

 

荒れ果てた大地の登場敵。何気にククが続投している。

宝物はユーザー経験値引き上げ万能レーザードリル

 

 

次回はステージ157「裏切りの沼」からやっていこうと思います。

 

LINE レンジャーの攻略プレイ日記リスト

提供元:LINE 株式会社 © LINE Plus Corp.