なぞって消すだけ誰でもできる…直感プレイにゃ説明は不要?「やって覚える」所感プレイ(その4)

LINE ポコパンプレイ日記

なぞって消すだけ誰でもできる…直感プレイにゃ説明は不要?「やって覚える」所感プレイ(その4)

コミュニケーションツール「LINE」と連動した「LINEゲーム」の1つ『LINE ポコパン』プレイ日記その4

今回もいつものようにパズルを解いていつものようにタイムアップを迎えたんだけど…

いつもと違って何やら見慣れぬ画面が登場。

…えーと、画面に3つの宝箱にダイヤの支払い欄…期間限定ガチャかなんかかな?

とりあえずプレイ日記のネタ集めのために試してみようか。

 

現れたのは普通のパズル画面

いやパズルの配置には見覚えがある。直前までやっていた奴だ。アイテムがちょっとだけ増えているけど。

 

…どうやらこの画面、ハイスコアに一歩足りない状況で終了した場合に出てくるものらしく、ダイヤを払えばアイテム付きのプレイ延長でハイスコアに挑戦!…みたいな制度らしい。

今回はダイヤを消費してでもハイスコアを取りたい! っていう特別なチャレンジ中にやってみるといいかもしれない。

今回はハイスコアを無視してでもダイヤを温存したかった……

…説明書きはちゃんと読んでおくべきでしたね。うん。

 

LINE ポコパンの無料ダウンロードはこちらから

デイリーミッションをクリアしてボーナスステージへ

毎日早朝に更新されるデイリーミッション

プレイヤーの実力に合わせて出題されるミッションをクリアするとボーナスステージに挑むことが出来るぞ。

ボーナスステージは1個目のブロックからチェリーが出現する上に、ブロックの色数も少なくなっているのでまとめて消しやすく、チェリーが大量に手に入る仕様になっているぞ。

30秒で取れるだけ取ってみよう。

稼いだチェリーはラッキールーレットでさらに倍増可能。どーせ当たらねーだろと思ってた×5が当たって一気に2000近くのチェリーをGET!

通常プレイでは1回100とか200程度しか稼げてないからこれはありがたい。

まとまったチェリーはデイリーミッションで稼ぐのが基本みたいですな、うん。

 

ミュージアムのチャレンジ

さて、まとまった金(チェリー)も手に入ったしゲームにも慣れてきた。

これからはただ漠然とプレイするだけではなくゲームの中の細かい要素を色々チェックしてみようか。

…まあその結果が冒頭のコレなんだけどね。

 

まあそれはいいんだ、とにかく画面を色々触っていこう。

注目したのは画面中央右の耳の生えた神殿みたいなの。チュートリアルやら何やらで説明されていないアイコンだが…?

ちなみにその隣の青いスマイルマークはフレンド紹介機能でした。

出てきたのはミュージアム。何やら見覚えのあるようなないような…いやねーよ的な絵が沢山飾られている場所。

いやマネの『笛を吹く少年』をモチーフにしてるんだろーな、ってことぐらいはなんとなく想像つくけどさ…いろいろ違くない? 頭身とか頭身とか…

元ネタはヨハネス・フェルメール作の『真珠の耳飾りの少女』…多分。ターバンと真珠をつけ、肩越しに振り向いた少女の姿を描いた絵。

コレなんかあからさまに体の向きが違う、というかポコタが振り向けていないというか…

そもそもこのウサギ(仮)、振り向くことが出来るの?…首、あるの?

 

いやいや謎ウサギの生態なんざ関係ない、重要なのはとりあえずこのミュージアムがどんなものかということだけだ。

どうやら調べてみた結果、ここは通常のデイリーミッションとは別のミッションに挑戦できるところらしい。

通常より多数のミッションが受けられる代わりに、事前に3000チェリーを払う必要があり、制限時間も定められているけど全部のミッションをクリアすれば特別な報酬が得られる…と。

 

とりあえずやってみようか、挑戦自体は「フレンドにクローバーを○○回送る」とか「合計○○○点以上のスコアを取る」といったモノ。

ミッションをクリアすれば絵のパーツがだんだん増えていき、オールクリアで絵が1つ完成する、っていう形式みたいだ。

ミッション単体の報酬は渋いのでオールクリアを目的にしたい。

 

期限は約3日。オールクリアでレアな動物がもらえるらしいし多少無理してでも…

うん?「1プレイでモンスターを20体以上倒す」…1プレイ

 

あの、ワタクシ…今最高で1プレイ6体までしか倒せていないのですが…あと3日で20体?

もしかしてまたやらかした…?

 

 

…ゲームは「やって覚える」も大事だけど、説明文はしっかり読もう。うん。

 

あ、なんだかんだでミッションに挑戦しまくってたら10レベルに到達してました。

 

LINE ポコパンの攻略プレイ日記リスト

提供元:LINE 株式会社 © LINE Plus Corp.