上げに上げてレベル50…やっとすべての枠埋まる?ボスモンスターを仲間にする所感プレイ(その12)

LINE ポコパンプレイ日記

上げに上げてレベル50…やっとすべての枠埋まる?ボスモンスターを仲間にする所感プレイ(その12)

コミュニケーションツール「LINE」と連動した「LINEゲーム」の1つ『LINE ポコパン』プレイ日記その12。

 

今回キリよくレベル50に到達いたしました。

達成報酬は6000チェリー。ノーマルガチャ一回分か。

低レベルのときは大量のダイヤだとかマスター動物だとか貰ってたからちょっとだけ拍子抜け。…ああいや、悪いってわけじゃないよ?ブロック攻撃力上げるのに使えるし。

 

LINE ポコパンの無料ダウンロードはこちらから

 ミュージアムに再チャレンジ

さて今回はミュージアムに再チャレンジしていこう。

ミュージアムは各絵ごとに定められたお題を、一定時間以内にクリアして絵をだんだんと完成させていくというミッション群

スタート時にチェリーが必要だけど、すべてのミッションをこなせばタイムに応じた報酬がもらえるシステムだ。

今回挑戦するのは一番難易度の低い『笛を吹くポコタ

前回挑戦した時は「1プレイでモンスターを20体以上倒す」に引っかかって達成不可能になっていたけど…

今なら真っ先にクリアできるミッションになっているぞ。…割と適当なプレイでも普通に20体倒せたので自分も成長してるもんなんだなとしみじみ感じたり。

他のミッションは「フィーバーモードで300秒プレイする」「装備動物のスキルでプレイ時にアイテムを200個生成する」…これらは累計で何度かプレイしていれば普通に達成できる。

1プレイで1500チェリー以上獲得する」はデイリーミッション達成時のチェリーパーティで獲得してもOKなのでここで頑張れば普通に獲得可能だ。

問題は「友達の動物を12回召喚する」「クローバーを20回送る」。友達12回召喚はフレンドアイテムがもったいないけどまあできなくはないけど。クローバー20回は…

…自分、LINEポコパンのフレンド1人しかいないんだけど20個も送って迷惑になったりしないだろうか…?

しかも1時間に1個しか送れないので20時間ちょっとかけて送ることになるんだけど…?

フレンド召喚のお礼で送るクローバーはノーカウントぽいし…。

…まあいいか、うん。

そんなこんなで絵が完成。なんだかんだで絵が徐々にパーツが増えていき、グラデーションまではいっていく姿を見るのは結構楽しかった。

てなわけでシルバー報酬獲得。スタートから28時間以内のクリアだったらゴールド報酬だったんだけど…。

…まあ夜中に1時間ごとに起きだして、ポコパン起動してクローバー送るって計画は無理があった。

運が良ければココのくじ引きでプラチナム動物のフエポコが手に入ったんだろうけど今回はなし。

無理してゴールド報酬取ってれば手に入ってたのかな…?

 

ボスモンスターを仲間にしよう

ここしばらく、ボスモンスターはまだ仲間に出来ないから後回しでいいやと思ってボスバトルをさぼっていたらいつの間にかボスの鍵の数が最大値の50個になっていた…

さすがに所持数オーバーした鍵を捨て続けるのはもったいないし、そろそろダイヤが溜まってきてボスモンスター枠が空きそうな感じなのでボスバトルを積極的にやっていきます。

ボスバトルの攻撃ブロックのアップグレードはダイヤを使うのでスルー。ヘルプ確認しなければ説明なしに消費させられるぞ。

 

3000チェリー(たまにセールで2000になる)を支払えばそのボスバトルに限ってお助け動物が助力してくれる。出てくる順番は普通の装備動物の後ろ。1分で動物メダルを最大7回落とすのは面倒そうだ。

戦闘中はボスバトル専用アイテムの雷ブロックが役に立つ。

仲間動物が突進攻撃をすればパズル盤上に大量にばら撒くのでタップしまくれば敵にダメージ&コンボが繋がってフィーバーしやすくなるぞ。

…ただし最後まで残してはいけない。雷ブロックはボーナスタイムの適用外なのでタイムアップ後に残っていたらブロック枠を圧迫するマイナス要素になってしまう。

ボスモンスターは撃破するとチェリーとダイヤが手に入るぞ。

何とかダイヤが溜まりきったのでボスモンスターの枠拡張!

70ダイヤの道のりは遠かった。うん。…この後で割引セールなんかしたら泣くぞ自分。

装備ボスモンスターは普通に動物を3つ突進攻撃させた後に出現する。

場合によっては間に合わなくなるかもしれないので効率よく動物メダルを落としていこう。

これで動物フル装備になるわけだ。

レベル50にしてやっと完全?なパーティが組めました。

 

LINE ポコパンの攻略プレイ日記リスト

提供元:LINE 株式会社 © LINE PLUS Corp © KAMIO JAPAN