ちょっとイジワルなバブルの配置ってよくあるよね?【第4回】

LINE バブル2プレイ日記

ちょっとイジワルなバブルの配置ってよくあるよね?【第4回】

LINE バブル2 バブルショットパズル プレイ日記

冒険家ブラウンが行方不明に!?彼はどこに行ってしまったのか・・・

そんな彼を探し、コニーは旅立つのだった!バブルシューティングゲームで不思議な世界を巡る大冒険が始まる!

カラフルなバブルを撃ち出して同色のバブルをつなげて消していく単純明快!簡単爽快なシステム

それでいながら、LINEフレンズを仲間にしたり、シークレットモードでのスコアアタック、などなど豊富なやり込み要素が詰まっている大人気パズルゲームの第2弾。

コニーたちは前作より進化してより可愛く、より動きまくる!メインシステムもステージクリア型になってより遊び易くなった「LINE バブル2」をプレイしていこう!

第4回「ちょっとイジワルなバブルの配置ってよくあるよね?」

そのバブルの先に待つものは!?

LINE バブル2 はこちらから!

いきなりつまづくステージ進行・・・その原因は?

さて、前回まででシステムなどの基本やちょっとした小技といったものは、ある程度まとめたので、本格的にプレイを進行していってみよう。

メインステージはそれほど進んでいないので、今回はステージ23からの開始となる。

LINE バブル2 バブルショットパズル プレイ日記

ちょっと見てみたら、金コニーを取っていないステージもちらほら見かけられるが、とりあえずステージを進めてみる方向性でいってみよう。

LINE バブル2 バブルショットパズル プレイ日記

このステージが地味にクリアが難しい・・・。堅実に消していっているはずなのだが、中でどうしてもバブルが足りなくなってしまう。

なんとかギリギリでクリアしつつ、次へ次へステージを進めるのだが、何回かバブルが足りなくなることがあり、理由がわからず首をかしげること数回。

どのステージでも同じようなやりにくさを感じる。

ここらで理由を見つけて解明しておかないと、ちょっと気持ち悪いのでじっくり観察しながらプレイを続行。

ステージ内に孕む罠!奥に秘められた直接消せない位置のバブル

配置などをよく見ながら進め、ある程度先のステージに進んだ時、どうにも前々のステージからのやりづらさの理由がわかってきた。

この配置を見てもらいたい。

LINE バブル2 バブルショットパズル プレイ日記

そう、手元のバブルをショットしたとしても、この配置ではどうあがいても1発で消すことができないのだ。

このパターンに陥ることが多く、何度もバブルを控えバブルと交換しつつ進んではきたものの、これはどうやら結構初心者殺しな罠なことに気づく。

この手のバブルショット系のパズルに慣れていない人にとっては、控えバブルと交換しつつ進めるのはあまり慣れていないだろう。

ショットできる手元のバブル控えバブルは、画面上(画面の上部、見えていない部分も含む)に登場している色がランダムで出現する。

つまり、この配置はあえて他のバブルに阻まれた1回で消せないバブルを設置することによって、プレイヤーに考えさせるような作りにしているんだろう。

これを乗り越えることが、脱初心者になると思える。

うん、そう考えると、単なる陰険な罠ではなく、こういったシステムを理解させるための壁にしているんじゃなかろうか?(考えすぎかな・・・)

たまにあるチュートリアルの罠!

そして、まだ序盤ということもあり、アイテムの解説などのチュートリアルが入るステージがちらほらある。

このステージもアイテムを実戦で使用して効果を教えてくれるのだが、見ての通り消しにくい!(下の画像は、チュートリアル後のもの)

LINE バブル2 バブルショットパズル プレイ日記

おおぅ、こいつはイジワルw

案の定、この回はバブルの数が足りなくなってクリアはできなかった・・・これは純粋に罠だよね。

やり直して再度プレイしてみたら、この配置。

LINE バブル2 バブルショットパズル プレイ日記

素直に消していけるじゃないか!

もう、笑っちゃうくらいに簡単にクリアできたので、チュートリアルでアイテムを使ってくれるのはいいが、妙に難易度が高くなってしまうステージも存在するということを覚えておこう。

一応、そのままでもクリアは可能なようだが、難しくなってしまうようなステージもある。もちろん簡単になるステージの方が多いのだが・・・。

ちょっとしたテクニック発見!控えのバブルの色を変える!?

手元のバブルや控えのバブルは、入れ替えることができてもそれ以外の色にはならない。

だが、控えのバブル色は変えられる(自動的に変わる?)ことが分かった。

とは言え、条件が限られるのだが、画面上のバブルの色がわずかになった時というのがソレだ。

これは、レナード救出などのステージ内のすべてを消していく必要があるステージで役立つもので、中級者以上には当然のテクニックだろう。

LINE バブル2 バブルショットパズル プレイ日記

上の画面で、白バブルを千切ることができれば控えの白バブルは色が変化するぞ。

ここでは偶然ファイアバブルが来ているので消滅させることができるわけだが、実際には手元には白バブルが来る予定だった。

このシステムを知らないと白同士をくっつけようとしてしまう可能性があるわけだが、そうしてしまうともう一度白バブルが来るのを待ってから消さないといけない。

明らかに手数の無駄なので、普段から数の少ない千切れるバブルは千切って落とすクセをつけておこう。

今回のまとめ

ポイントとしては、2点。

1発で消せそうにないバブルは可能な限り狙わないこと。他のバブルに阻まれていると感じたら無理して狙わずに、消せる位置に狙いを変更していくのが大事。

もう一つは、千切って落とせる位置を見定めて、常に千切りを念頭に置いたプレイをしていくこと。

なんだか、今回はバブルショット系の基本に立ち戻れた回だった。

初心って大事だね。

提供元:LINE 株式会社 © LINE Plus Corp.